葬儀の種類となる家族葬について

日本において葬儀の種類は宗教的に仏式が多く、その中でも一般葬が多く執り行われます。
ですが最近では家族葬を執り行う場合も増えてきています。
家族葬と聞くと家族や親せきだけが会葬者として参列する式と考えられることも多いですが、一般葬に比べて規模が小さい葬儀のことを意味する葬儀になります。
そのため利用する葬儀社より提案されるプランとしては、少人数や小規模という意味合いで家族葬と案内されていることも多くあります。
家族葬儀を行う際の規模ですが会葬者となる人数自体は一般葬では300人前後が多いですが、家族葬の場合は20人から30人程度となります。
参列する人は家族や親戚だけでなく、より親しい知人や友人なども参列することは可能となっています。
家族葬のように小規模な葬儀を希望される件数は年々増えてきており、葬儀に対してわざわざ遠くから弔事に来てもらうのは申し訳ないという気持ちが影響しているとされています。
特に地方から都心に引っ越してきた人に多く見られる傾向であり、家族葬を選ぶのは首都圏での割合が多くなっています。

名古屋で遺品整理ならプロの技術でお値打ちな株式会社5r

仏壇東京マルタカ

家族葬をするならさいたま市で人気の業者

最新投稿